採用した後、コミュニケーション不足による認識の違いによる「入社前と入社後の仕事にギャップを感じた」などの理由で、早期退職や内定辞退が起きてしまうことがあります。

こうなってしまっては、採用にかけた労力や時間、コストが無駄になり、採用が成功したと言えません。

多くの原因は、求職者が知りたい企業の情報を十分に得ることができず、理解できなかったことにあります。

このような事態を未然に防ぐためにも、求職者が企業の情報を収集でき、ある程度会社について理解した上で応募、入社の意志決定をすることができる「採用ホームページ」の作成は効果的と言えます。

さらに、採用ホームページに先輩インタビューや働いている様子の写真を掲載することで、入社後の生活や仕事内容を具体的にイメージできます。

それにより、「知らなかった」「思っていたのと違う」といった企業と求職者とのギャップを最小限に抑えることができ、離職率の低下や、人材の定着に繋がるのです。

つまり、採用ホームページを作成することにより企業の情報や魅力を十分に伝えることができるため、欲しい人物像でない応募は最小限に、かつ欲しい人物とマッチする求職者からの応募や採用につながるのです。