採用ホームページの役割はずばり自社について理解してもらうことです。

もちろん求職者がすべて求人ポータルサイトを利用しているわけではありませんから、「存在を知ってもらう(認知)」ための役割も重要です。

20代のスマートフォンでのインターネット利用率が90%を超え(総務省調べ)、移動中や大学内などでも手軽に検索できる時代にあっては、採用ホームページがあるかどうかが「会社を知ってもらえるかどうか」に大きく影響するのは間違いありません。

ですが、最大の目的は「就活情報サイトや求人ポータルサイトでは得られない情報」を求めてやってきた求職者に的確な情報を提供し会社について理解してもらうことにあります。