多くの企業が利用している求人募集方法に求人広告や人材紹介会社の利用があると思います。

これらの方法では、掲載できる文字数やレイアウトなど制限が多く、会社の魅力や求める人物像などの伝えたい情報を伝えきることは難しいです。

その結果、企業が伝えたいことが十分に伝わらず、欲しい人物像に合わない人からも応募がきてしまい、対応に時間がとられていました。

一方、「採用ホームページ」では求める人物像や企業の魅力、将来性などを明確に伝えることができ、「この会社でぜひ活躍したい!」と思う応募者や、他社と比較検討したうえで「この会社に応募したい!」と思い応募する【意欲の高い応募者】の増加にもつながります。

求める人物像や企業の魅力、将来性などを伝える方法は様々で、例えば
・社長からのメッセージ
・実際に働いている社員のインタビュー
・会社の強み、魅力
・実際に働いている様子
を文章だけでなく、写真や動画で掲載する方法があります。

さまざまな方法を使い、多くの情報を企業の伝えたいように発信できれば、求職者の検討材料が増え、求職者が他社と比較したときに応募の優先順位が上がり、応募候補となるのです。