ヒートマップ解析

ヒートマップデータがあればどこまで表示したか、熟読箇所はどこかなど見られ方を直感的に把握できます。

数値データとヒートマップデータを併用して人材募集における傾向と対策をご提案していきます。

ユーザー属性解析

ユーザー数やセッション数、直帰率のほか、年齢や性別、アクセスした地域、デバイスなども知ることができます。
どのデバイスでの閲覧が多いかを見ると、閲覧シーンの仮説を立てることもできます。

閲覧しているユーザーの属性が分かると、ユーザー像もより具体的に思い浮かべることができるようになります。

ユーザー行動解析

行動パターンなど閲覧行動を追っていける他、ページごとの閲覧数、ユーザー数、離脱率なども知ることができます。

各ページごとのページビュー数や滞在時間、離脱率などを見ることができ、
どのページが1番見られているかを把握するだけでなく、

Webサイト内を回遊せず、そのページだけを読んで他のWebサイトへ行ってしまった割合も知ることができます。